SyncVision iFR Co-reg適正使用方法【福山循環器病院 菊田 雄悦先生】

菊田 雄悦先生(福山循環器病院)

2017年に販売を開始したSyncVision iFR Co-registrationの適正な使用方法について、
福山循環器病院の菊田 雄悦先生が、実際の手技をしながら解説されています。

ワイヤーのマイクロバブルをとりドリフトを軽減する菊田先生独自の方法や、
SyncVisionを使用する際の手順、ノーマライズの際に注意すべき点など、
正確に測定する為の方法をご確認いただけます。

<”h4″>”株式会社フィリップス・ジャパン”

株式会社フィリップス・ジャパンのFRIENDS Live 2018 日程・プログラムのご確認はこちらから

※本コンテンツは企業協賛に基づいた執筆者個人の見解であり、FRIENDS Liveが掲載内容を保証するものではございません。
本会として掲載内容に関しての責任は負い兼ねますのでご了承ください。

メニュー

医療従事者確認

当ページは、医療向け情報を含んでおります。
医療関係者の方々への情報提供を目的としており、
一般の方々への情報提供を目的としたものではございませんので、
ご理解くださいますようお願い申し上げます。

あなたは医療従事者ですか?