プログラムの紹介-6

TOKYO PHYSIOLOGY 2021、3月13日(土)、14日(日)にWEBにて配信予定です。
PCI エキスパートになるためには、PCI手技の鍛錬だけでなく、PCIを取り巻く様々な非侵襲的検査に関する知識、底力をつけておくことが重要です。これからPCI エキスパートを目指す方々のための、‘底力シリーズ’を紹介します。

13日PM 12:40~13:50
負荷心エコー法の底力
日本では、まだまだ馴染みの少ない負荷心エコー法ですが、弁膜症・肺高血圧症に対するカテーテル治療が広がるにつれ、その有用性が脚光を浴びています。この機会にぜひ学んでみませんか?

13日PM 14:00~15:30
心筋シンチグラフィの底力
虚血評価のゴールドスタンダードの地位を築き上げてきた心筋シンチグラフィ。なんとなくその結果を口にするシチュエーションは少なくないと思います。しかしその実力をしっかりと理解できているか自信のないインターベンション医にお勧めです!

14日AM 9:40~11:00
心臓CTの底力
広く使われている冠動脈CTですが、その実力を使いこなしていますか?単に‘何%’と、狭窄の数値だけのレポートを見ていてはもったいない!冠動脈CTを使いこなすことは、手技成功、患者成功(患者予後改善)にもつながります。

参加登録はこちらから

参加登録

【Tokyo Physiology 2021】
会 長:田中 信大 (東京医科大学八王子医療センター)
会 期:2021年3月13日(土)~2021年3月14日(日)
会 場:オンライン開催
ライブ中継:東京医科大学八王子医療センター

メニュー